建学の精神と教育目的

本学の建学の精神「心技一如(しんぎいちにょ)」は、母体である学校法人純美禮(すみれ)学園の創設者である中野冨美先生の理想とすべき教育方針を四文字で表現した言葉です。「心技一如」の「心」とは心のはたらきとして品性を表し、「技」とは生きる術(すべ)としての能力をさしています。私たちが備えるべき品性と能力は、車の両輪のようなものであり、まことの教育とは、人格教育と実学教育を両輪とすることによって、はじめて実現できることを表しています。

昭和45年の開学にあたって、この精神を受け継ぎ、建学の精神を「心技一如」と定めました。この建学の精神を基に、本学の教育は、豊かな教養と実践的な専門の知識と技術を培い、デジタル化社会を迎える新時代において、社会の発展と文化の向上に貢献する人を育成することを目的としています。

滋賀短期大学入口

3つのポリシー

2023年度入学生(予定)

2022年度入学生

2021年度入学生

沿革

大正7年4月 中野 冨美
「松村裁縫速進教授所」を大津市に創設
大正8年4月 「大津裁縫速進教授所」と改称
昭和3年4月 「大津裁縫女学校」を開設
中野 冨美 校長に就任
昭和4年4月 滋賀県から実業補習学校女教員の養成を委託
昭和6年4月 実業学校令に基づく学校に昇格
「大津高等裁縫女学校」と改称
昭和19年1月 財団法人純美禮学園設立認可
中野 冨美 理事長に就任
昭和19年4月 「滋賀高等女子実業学校」と改称
昭和23年4月 学制改革に伴い新制高等学校に組織変更
「大津家庭高等学校」と改称
昭和26年3月 私立学校法の施行に伴い学校法人純美禮学園と組織変更認可
昭和36年4月 「滋賀女子高等学校」と改称
昭和41年2月 中野 冨美 理事長死去
松村 信蔵 理事長に就任
昭和45年4月 「滋賀女子短期大学」を開学
服飾学科入学定員50人
幼児教育学科入学定員50人
服飾学科に中学校教諭2級普通免許(家庭)及び
幼児教育学科に幼稚園教諭2級普通免許授与の課程認定を受ける
松原 武夫 初代学長に就任
昭和45年12月 幼児教育学科に保母養成校の指定を受ける
昭和51年4月 原山 淑夫 理事長に就任
服飾学科 入学定員を80人に変更
幼児教育学科 入学定員を120人に変更
昭和55年4月 「滋賀女子短期大学附属幼稚園」を開園
昭和56年8月 中野 幹夫 理事長に就任
昭和59年4月 川﨑 源 学長に就任
昭和62年4月 秘書科を開設 入学定員100人
昭和62年10月 滋賀女子短期大学公開講座を開講(以後毎年開講)
昭和63年11月 純美禮学園創立70周年記念式典挙行
平成2年11月 滋賀女子短期大学創立20周年記念式典挙行
平成3年4月 秘書科 入学定員を150人に変更
服飾学科を生活学科に名称変更
平成4年4月 岡野 久二 学長に就任
平成12年4月 榎 和子 学長に就任
秘書科をビジネスコミュニケーション学科と名称変更
平成14年4月 幼児教育学科「乳幼児総合研究所」を開設
平成15年4月 幼児教育学科を幼児教育保育学科に名称変更するとともに入学定員を150人に変更
ビジネスコミュニケーション学科 入学定員を120人に変更
平成16年4月 松村 文夫 理事長に就任
平成17年4月 生活学科製菓コースに製菓衛生師養成校の指定を受ける 入学定員40人
ビジネスコミュニケーション学科 入学定員を100人に変更
平成17年6月 中国・浙江林学院と教育・学術交流に関する覚書を締結
平成17年11月 大津市と教育研究活動等を通したまちづくり事業における連携、相互協力の充実等に関して協定書を締結
平成18年4月 板倉 安正 学長に就任
幼児教育保育学科 入学定員を170人に変更
平成19年11月 滋賀大学との相互協力協定を締結
平成20年4月 男女共学化に伴い「滋賀短期大学」と改称
平成20年5月 純美禮学園創立90周年記念式典挙行
平成20年10月 滋賀医科大学と教育研究に関する包括協定を締結
平成21年3月 (財)短期大学基準協会における第三者評価の結果 適格と認定される
生活学科に栄養士養成施設の指定を受ける 入学定員30人
平成22年1月 生活学科に栄養教諭免許(2種)授与の課程認定を受ける
平成22年4月 滋賀短期大学創立40周年
平成23年10月 ビジネスコミュニケーション学科に日本医師会認定医療秘書養成校の承認を受ける
平成24年4月 佐藤 尚武 学長に就任
平成26年3月 子育て支援教育プレイルーム開所式挙行
平成28年3月 (財)短期大学基準協会における第三者評価の結果 適格と認定される
平成28年4月 生活学科 食健康コース入学定員を35人に変更、製菓マイスターコース入学を35人に変更
平成30年1月 守山市と連携協力に関する協定書を締結
平成30年4月 秋山 元秀 学長に就任
生活学科 食健康コース入学定員を45人に変更
平成30年5月 純美禮学園創立100周年記念式典挙行
平成30年10月 大津市と幼児教育・保育分野における就職支援協定書を締結
平成31年4月 幼児教育保育学科 入学定員を150人に変更
令和2年4月 「滋賀短期大学附属すみれ保育園」を開園
令和3年3月 滋賀短期大学研究紀要「創立50周年記念号」発行
令和3年4月 松村 文夫 名誉理事長に就任
秋山 元秀 理事長に就任
令和4年4月 デジタルライフビジネス学科開設 入学定員30人
※学科連係課程実施学科の入学定員として活用する各連係協力学科の入学定員の内数(生活学科10人、ビジネスコミュニケーション学科20人)
幼児教育保育学科 入学定員を100人に変更
ビジネスコミュニケーション学科 入学定員を120人に変更
#

学章・学歌

学章

行事等開催状況

第三者評価

本学は、平成27年度(財)短期大学基準協会による第三者評価の結果、適格と認定されました。

 本学は平成27年度(財)短期大学基準協会による第三者評価を受け、無事、適格と認定されました。第三者評価の趣旨にもありますように、この評価作業を通して本学の教育活動の全てを見直し、改革・改善に向けて取り組む姿勢を全教職員の中に培うことができました。また、同協会から頂きましたご指摘は本学の将来展望を指し示してくれるものであり、学内で討議を重ねてより充実した実学教育の滋賀短期大学を目指していきます。これまで同様、皆様方のご鞭撻、ご指導をお願いします。

ACCREDITED2015

過去の評価

学則等