生活学科

living_01

日常の“生活”全般を科学的・実践的に探究します。

生活学科は、生活に関する専門の知識と技術を授け、科学的な視点から生活を捉える姿勢を養い、家庭及び社会でより良い生活を提案できる能力をもった人材の育成を目的とします。

滋賀短STORY

夢に向かって歩む卒業生たち

利用者さんやご家族の、思いに寄り添いあえる管理栄養士でありたい。

livingstory10

栄養士の免許を取りたいと思い、地元滋賀の郷土料理についても学ぶことができる滋賀短へ入学を決めました。
在学中、自分が何をしたいのか、どんな仕事が向いているのか分からなくなり悩んだこともありました。しかし、その度に友人や先生方が親身になって相談に乗ってくださったおかげで、自分のめざしたい未来が明確になり、栄養士として就職することができました。
卒業後は栄養士として3年間働いた後、目標であった管理栄養士の資格を取得。資格を活かせる仕事に就きたいと思い、福祉施設の管理栄養士として再就職を決意しました。
現在は、入居されている利用者さんの栄養管理、指導や相談に乗ったり、委託会社と連携し給食の提供に携わっています。初めて経験する仕事が多く、まだ慣れないことも多いですが先輩の栄養士、現場の看護師や介護士、委託会社のスタッフの方など、たくさんの方々に教えていただき経験を積むことができる為、毎日新しい経験の中で仕事をすることができています。今後は、管理栄養士としての経験を積む中で、様々な人と関わり仕事をこなし、その人一人ひとりにとって分かりやすい栄養指導をすることが目標です。病気やケガをされたご本人だけでなく、そのご家族にとっても頼り甲斐のある相談しやすい存在でありたいです。

村田さん

陽光の里 勤務
(高島高等学校 出身)

お客様の「おいしい」という言葉、笑顔、デザート作りという仕事の喜び

livingstory11

子どもの頃から料理やお菓子作りが好きで、家族や友達に食べてもらって喜んでもらえたことが私の原点になっています。本格的に製菓の勉強がしたくて滋賀短に進学しました。
たくさんあるお店の中で今の就職先を選んだのは、自分の頑張り次第で勉強の機会をたくさん頂けることと、会社説明会で出会った先輩方が、みんな本当にこの会社が好きなんだと感じられたからです。
製菓衛生師も取得し、今の仕事ではおもに宴会や婚礼のデザートを作っています。大量仕込みになるため、衛生面、クオリティーの安定化、発注などに細心の注意を払わなければならない大変な仕事ですが、お客様に「おいしい」と言っていただいたり、結婚式で新郎新婦様の幸せそうな笑顔を見るたびに、幸せのお手伝いができていると実感できて、やりがいを感じます。
飲食の世界は何よりもまずは体力が勝負。そして、つらいときでも手を抜かずに最後までやり抜くことができる精神力も必要です。
現在の目標は、社内のキッチンコンテストで全国優勝すること。
そして、ゆくゆくは自分のお店を出したいと思っています。今まで学んできた料理やお菓子、また空間の作り方を活かして、お客様がゆったりと一息つける、そんな場所を作りたいです。

上杉さん

FORTUNE GARDEN KYOTO 勤務
(玉川高等学校 出身)

アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

生活学科では、次のような資質や能力をもつ入学生を求めます。

【求める学生像】

  • 生活学はあらゆる科目にまたがる総合的な学問なので、いろいろな分野に興味をもち探求心をもっている人。
  • 健康で豊かな生活を目指して自ら楽しく実践し、自分らしく工夫する喜びや楽しみをもてる人。
  • 地域社会で積極的に活動し、地域に貢献する意欲をもっている人。

■食健康コース(栄養士養成課程)

  • 食建康コースでは、栄養士免許を取得し、食を通じて健康づくりに貢献したい人。
  • 栄養教諭免許を取得して教育現場で食育に携わりたい人。

■製菓・製パンコース

  • 製菓製パンコースではお菓子やパン作りを将来の仕事として考えている人。

■ライフデザインコース

  • ライフデザインコースでは、衣食住について総合的に学び、豊かな暮らし作りに貢献して、暮らしの専門家になろうという人。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成方針)

生活学科では、ディプロマ・ポリシーを実現するために、次のような特色あるカリキュラムを配置しています。

【学科全体の特色】

  • 社会生活と健康、食品と安全、栄養と健康、食文化、デザインに関する専門科目を配置しています。
  • 実験実習を通して高い技術を身につけるために、豊富な実験実習科目を設置しています。

【各コースの特色】

■食健康コース

  • 食建康コースでは、卒業と同時に栄養士免許に加え栄養教諭免許も取得できます。地域との連携が充実しており、栄養士としての実践力が身につくカリキュラムを編成しています。

■製菓・製パンコース

  • 製菓製パンコースでは、在学中に製菓衛生師を取得できます。菓子やパンだけでなく、食品一般の製造現場において活躍できる実践力が身につくカリキュラムを編成しています。

■ライフデザインコース

  • ライフデザインコースでは、暮らしに関わる多様な資格を取得できます。暮らしをテーマに衣、食、住の各分野の科目を選択し、快適で豊かな暮らしを提供できる専門家を目指したカリキュラムを編成しています

カリキュラム(2021年度入学生 開講予定)

■食健康コース(栄養士養成課程)
必修 応用栄養学 / 臨床栄養学 / 世界と地域の食文化 / 栄養教育論Ⅰ / 地域伝統食実習
選択 公衆衛生学Ⅰ / 生理学 / 解剖生理学 / 生化学Ⅰ、Ⅱ / 食品学各論 / 食品衛生学Ⅰ / 臨床栄養管理学 / 栄養教育論Ⅱ / 公衆栄養学 / 調理学 / 給食経営計画管理論 / 学校食育論 / フードコーディネート論 / マーケティング論 / 解剖生理学実験 / 生化学実験 / 食品学実験 / 食品衛生学実験 / 応用栄養学実習 / 臨床栄養学実習 / 臨床栄養管理学実習 / 栄養教育論実習Ⅰ、Ⅱ / 食品の官能評価・鑑別論 / 食品の官能評価・鑑別実験 / 調理学実習Ⅰ、Ⅱ / 給食経営計画実習 / 給食経営管理実習 / 給食経営管理学外実習(栄養士) / 給食経営管理学外実習事前事後指導 / 献立作成演習 / 野外実習
教職専門 教師論 / 教育原理 / 教育心理学 / 教育の課程と方法 / 生徒指導論 / 教育相談 / 教職実践演習(栄養教諭) / 特別支援教育 / 道徳教育論 / 特別活動論(総合的な学習の時間を含む) / 栄養教諭教育実習 / 教育実習事前事後指導(栄養教諭)

※選択自由科目

■製菓・製パンコース
必修 衛生法規 / 製菓理論(総合) / 製菓基礎実習(洋菓子) / 製菓応用実習Ⅰ / 店舗経営Ⅰ
選択 公衆衛生学Ⅰ、Ⅱ / 食品学各論 / 食品衛生学Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ / 応用栄養学 / 調理学 / フードコーディネート論 / マーケティング論 / 菓子と食生活 / 製菓理論(和菓子) / 製菓理論(洋菓子) / 製パン理論 / 製菓基礎実習(和菓子) / 製菓基礎実習(製パン) / 製菓専門実習(洋菓子)Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ / 製菓専門実習(技術) / 製菓専門実習(製パン) / 製菓応用実習Ⅱ / 食品学実験 / 食品衛生学実験 / 調理学実習Ⅰ、Ⅱ / マイスター・トレーニング / 製菓特別実習 / ラッピング演習 / 食品の官能評価・識別論 / 食品の官能評価・識別実験 / 店舗経営Ⅱ

※選択自由科目

■ライフデザインコース
必修 生活デザイン論 / ベーシック・ソーイング / ソーイング / 店舗経営Ⅰ / 住生活論
選択 きものスタイリング演習 / ハンドメイド演習 / 生活工芸演習 / ファッション造形論 / カラーコーディネート論 / 染色演習 / ハウスストラクチャー / ハウスプランニング / ホスピタリティ論 / ブライダル論 / ウェブデザインⅠ / コミュニケーション論 / ファッションマーチャンダイジング / 食品学各論 / 食品衛生学Ⅰ / 応用栄養学 / 調理学 / フードコーディネート論 / マーケティング論 / きものソーイング / ファッションデザイン実習 / 秘書実務Ⅰ / 食品学実験 / 調理学実習Ⅰ、Ⅱ / 店舗経営Ⅱ / ラッピング演習 / 食品の官能評価・鑑別論 / 食品の官能評価・鑑別実験

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

生活学科を卒業するためには、次のような資質や能力をもつことを求めます。

【専門知識と教養】

豊かな生活を実現するために必要な基礎的専門知識をもち、その上で生活全般にわたる広い視野にもとづいて考える能力。

【専門性をいかす技能】

最新の情報技術を理解し、それを生活分野に応用できる専門的技能と実践技術を修得し、生活の向上に積極的な提案ができる能力。

【問題提起・解決能力】

日常の生活全般を科学的・実践的に探求し、多様な現代社会を生活という観点から総合的にとらえ、その解決に向けて独創性のある提案ができる能力。

【表現力・コミュニケーション能力】

専門知識と実践的技能をいかして、自ら考えたことを適切な方法でプレゼンテーションする能力と、地域の伝統的な生活文化に対して敬意をはらい、専門家として地域社会において有効な役割を果たすことができるコミュニケーション能力。