資格取得を徹底支援

夢現実に向けて幅広い資格が取得可能

滋賀短期大学では、卒業と同時に取得できる資格・免許が豊富にそろい、取得を推奨する資格・免許・検定の試験対策講座なども充実。社会での即戦力として強い武器となる資格取得を幅広くサポートしています。

資格取得支援対策講座

基本的に平日の夕方や土日、夏期・春期休暇に実施される講座です。資格取得を目的とした効率的・実践的なカリキュラムで、学生1人ひとりのキャリア形成をサポートしています。

(3学科共通)

IT パスポート試験(国家資格)

ITパスポート試験は、経営に関する知識をはじめ、セキュリティ、ネットワークなどのIT技術の知識、IT管理の知識など幅広い分野の総合的知識が問われる国家資格の試験です。企業では、非常に高く評価されており、社員の人材育成に幅広く活用されています。また、採用活動におけるエントリーシートへの記入を求める動きが広がるなど、多くの企業で積極的に活用されています。

マイクロソフト オフィス スペシャリスト『MOS検定』

MOSとは、Microsoft Office Specialistの略語で、Microsoft社が、ワード・エクセル・パワーポイントをいかに理解し使いこなせるかを証明する資格試験です。MOS検定の合格者には世界共通の合格認定証が発行され、就職を希望する企業にあなたの実力を証明します。平成27年には、「MOS検定 日本全国大学・短期大学パワーポイント部門」において本学の学生が3位(1次選考)に入賞しました。

コミュニケーション検定

会議や取引先との打ち合わせなど、様々な場面で求められる日本語能力と、その日本語に必要な知識と的確な運用能力を審査する資格です。面接や会議の場面において、自分の考えを的確に相手に伝えるコミュニケーション能力はビジネスに欠かせないものです。

公務員試験

東京アカデミーと連携し公務員試験合格に向けた特別授業をスタートさせ、公務員をめざす人を全力でサポートしています。公務員特講I 、IIを授業として通常時間内に開講し、単位も取得可能です。ダブルスクールでの移動時間や別途費用の負担もなく、1 回生から効率的に公務員試験対策に力を入れることができます。

秘書技能検定

社会人として必要なマナーや一般知識、職務知識を測る検定。あらゆる職種で役立つスキルを身につけることができます。広く認知されている検定であり、就職の際のアピールポイントになります。

ビジネスコミュニケーション学科

ホテル・マネジメント技能検定3級

ホテル・マネジメント技能検定では、①収益管理力、②企画力、③課題解決力、④管理運営力、⑤専門知識の 5つの「能力」に対して的確な知識と経験を持ち、判断することができる能力を有していることを判定する国家技能検定試験です。

日商簿記検定

企業で日々行われる取引を記録し、財務状態や経営成績を表す報告書を作成する方法を学びます。資産や負債の状態、また費用や収益について体系的に理解できるようになるため、すべての業種・職種で役立ちます。

日本医師会認定医療秘書

日本医師会認定の資格。医療サービスにおける幅広い知識と専門的な能力を身につけます。本学は近畿で唯一の「日本医師会認定医療秘書」養成校に認定されており、実践的な実習を重ね、資格取得をめざします。

医療保険請求事務実技試験

全国医師会医療秘書学院連合協議会が実施する資格。試験は実技と学科に分かれており、医療保険制度・診断報酬・レセプト作成(診療報酬請求事務)能力など幅広い知識が求められます。30 年以上の歴史がある医療事務資格です。

診療報酬請求事務能力認定試験

厚生労働省が認定した(公財)日本医療保険事務協会が主催する資格試験で、医療機関からの信頼度が最も高い資格。学科試験と実技試験があり、診療報酬・医学知識・介護保険制度など幅広い知識が求められる試験です。

医事コンピュータ技能検定

診療報酬請求事務(レセプト)のコンピュータ化は、全医療機関に普及し、レセプトのオンライン請求が進められています。したがって、そこに従事する者にとってコンピュータ技能は必須の技能といえます。

サービス接遇検定2級

サービス業務に対する心構え、対人心理の理解、適切な言葉遣いや態度・振る舞いなど、接客やサービスに必要な専門知識やコミュニケーション能力を認定する資格です。ホテルや飲食業、金融、医療、鉄道など接客が必要となるあらゆる業界が対象となり、サービススタッフだけでなく営業職など人と接する職種にも役立ちます。

先輩からのメッセージ

笑顔を生み、記憶に残るお菓子を作りたい。

久保さん

この業界に興味を持ったのは、自分の作ったもので人を笑顔にしたいと思ったからでした。今の職場を選んだのも、お客様との距離の近さに魅力を感じたのが理由です。ケーキや焼菓子の製造と販売を担当することでお客様が喜んでいる姿を近い距離で感じられることにやりがいを感じています。
このようなやりがいに気づいたのも在学中に参加していた学内サークルのベーカリー塾での経験のお陰です。活動の一環で一般の方に自分たちの作ったものを販売する機会があり、学んだことを実践しながら、お客さんが笑顔になる姿を見たことが今の自分に繋がっています。また、普段の実習で洋菓子、和菓子、製パンとまんべんなくいろんな国のお菓子を作れたのもとてもいい経験でした。これからもお祝い事や、ちょっとしたご褒美、贈り物として誰かの笑顔や記憶に残るお菓子を作れるようにスキルアップしていこうと思います。

就職先:株式会社パレット 皇子山店
久保さん
生活学科 製菓・製パンコース
(八幡高等学校 出身)

子どもとの時間を楽しみながらともに成長したい。

松本さん

中学校の時の職場体験で、子どもたちをみんな笑顔にしている先生をみて憧れたのが保育者をめざすきっかけでした。私が滋賀短期大学を志望したのは、早くたくさんの経験を積み、夢をかなえられる大学であると感じたからです。
保育実習での多くの経験が実際に、今の仕事でも活かされています。実習では子どもたちの姿や先生方と子どもたちの関わり方、保育指導案の書き方なども丁寧に学ぶことが出来ました。他にも、共通科目のキャンプでは、電気やスマートフォンもない環境で初めて会う人たちと共同生活を行うことで、コミュニケーションについて実践的に学びました。
大学でのたくさんの経験を活かしながら、地元である彦根市で子どもたちの成長をそばで見守れること、子どもたちが笑顔いっぱいで過ごせるように一人ひとりを大切に、ともに楽しみながら成長していくことが私のやりがいであり、目標です。

就職先:彦根市 平田こども園
松本さん
幼児教育保育学科
(河瀬高等学校 出身)

たくさんの方に必要とされる人間として成長したい。

芝原さん

昔から病院で働きたいと考えており、高校時代に医師事務作業補助という存在を知りました。数ある病院での業務のなかで自分にはこの仕事が向いているのではないかと感じてこの業界を意識するようになりました。
大学では病院実習で、自分が学んでいることが実際の現場でどのように行われているのか、さまざまな状況への対応と合わせて見られる貴重な経験ができる他、社会人マナーをしっかり身につけることが出来ました。働きながら改めてマナーを学んだり、教わったりする機会はあまりないので、在学時に習得できたことはとても重要だったと感じています。
現在は、医師の隣で電子カルテのオーダーを行ったり、生命保険会社などの文書の代行などの業務を行ったりしています。今後も初心の気持ちを忘れず一つひとつの仕事を丁寧に行うことで、たくさんの方に必要とされるような人間になることが目標です。

就職先:医療法人誠光会 草津総合病院
芝原さん
ビジネスコミュニケーション学科 医療事務コース
(国際情報高等学校 出身)