医療事務コース

medical_top

資格取得し、医療系の事務職として活躍したい人へ

医療機関の事務員として必要な知識を身につけ、医療業界等で活躍する人材を育成します。

学びのポイント

医療の現場で活躍できる即戦力を育成

医学基礎科目、秘書専門科目、診療報酬請求など、実技・演習を通して、医療サービスにおける幅広い知識と専門的な能力を身につけます。

資格取得のためのサポートも充実

本学は近畿の大学で唯一「日本医師会認定医療秘書」の取得が可能。また「診療報酬請求事務能力認定試験」や「医療保険請求事務実技試験」の対策講座も実施し、手厚いサポート体制を整えています。また、医療機関で「医師事務作業補助者」として勤務する場合には入職後6カ月間の研修が義務づけられていますが、日医認定試験の合格によって、このうちの32時間以上の基礎研修が免除となります。

医療事務と医療秘書のちがい

医療事務とは

外来患者への受付業務や入院患者対応、レセプト業務(診療報酬請求業務)など医療機関の受付での業務がメインとなります。

医療秘書とは

医師や看護師がスムーズに業務を行えるよう、スケジュールの管理・文書の作成補助・電話応対・書類管理などを行います。

免許・資格

取得できる免許・資格

●日本医師会認定医療秘書(受験資格) ●上級秘書士(メディカル秘書) ●医事実務士 ●医療秘書実務士 ●上級秘書士 ●上級情報処理士

目標とする免許・資格

●診療報酬請求事務能力認定試験 ●医療保険請求事務実技試験 ●医事コンピュータ技能検定 ●秘書技能検定

めざす将来像

総合病院、個人病院、クリニックの
●医療秘書/医師事務作業補助者 ●医療事務/歯科助手