教育訓練給付制度

入試情報 「教育訓練給付制度」の支給対象講座のご案内 ※2020年度入試

本学では教育訓練給付制度(専門実践教育訓練給付)の支給対象講座として、厚生労働大臣の指定を受けた学科があります。

「教育訓練給付制度」とは

労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し、修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。
2014(平成26)年10月から、教育訓練給付金は、従来の枠組みを引き継いだ「一般教育訓練の教育訓練給付金」と、拡充された「専門実践教育訓練の教育訓練給付金」の2本立てになっています。(厚生労働省HPより抜粋)

※制度の詳細については下記のホームページを参照、もしくは最寄りのハローワークにお問い合わせください。

教育訓練給付制度(専門実践教育訓練給付)について

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/kyouiku.html

指定講座

本学の教育訓練給付金の支給対象となる厚生労働大臣指定講座は以下のとおりです。

指定講座 目標資格等 指定番号
生活学科食健康コース 栄養士 750041810010
幼児教育保育学科 保育士 750041910010

<注意>専門実践教育訓練給付の申請には、入学前にハローワークでの出願手続きが必要です(2月末まで)。専門実践教育訓練給付の受給希望者は、本学の入学手続き完了後速やかに住所地管轄のハローワークで手続きをしてください。なお、3月に「社会人特別選抜」の受験を希望される場合は、出願・受験や合格通知よりも前にハローワークでキャリア・コンサルティングなどの手続きを行う必要があります。

対象となる方

給付を受けるために必要な一定の雇用保険の被保険者期間を有している必要があります。
【雇用保険の被保険者期間が3年以上(初支給者は、2年以上)】

※申請希望者は、受給資格の有無について、あらかじめご自身で確認してください。希望者に対しては、住所地管轄のハローワークが照会に応じてくれます。

専門実践教育訓練給付金の給付額

専門実践教育訓練を受給している間と、修了した場合、下欄の額がハローワークから支給されます。

専門実践教育訓練の受講中(在学中) 専門実践教育訓練の修了後(追加支給)
給付額(学生本人が支払った入学金・授業料×右欄の割合) 50% 資格取得し、かつ修了した日の翌日から1年以内に一般被保険者として雇用された場合
20% (追加支給)
  • ① 在学中(2年間)は、受講費用の50%に相当する額(最高年間40万円×2年間)が支給されます。
  • ② 資格を取得し、就職した場合は、受講費用の20%に相当する額が追加支給されます。

●本学で当制度を利用する場合の支給金額例

本学の場合、①40万×2+②32万 = 最大112万円が支給されます。
※受講状況や給付型奨学金の利用等によって支給額は変動します。)

ハローワーク一覧

詳しくは、ご自身の住所地管轄のハローワークにお問い合わせください。

ハローワーク大津 大津市打出浜14番15号 TEL:077-522-3773
ハローワーク高島 高島市安曇川町末広四丁目37 TEL:0740-32-0047
ハローワーク長浜 長浜市南高田町辻村110 TEL:0749-62-2030
ハローワーク彦根 彦根市西今町58-3 TEL:0749-22-2500
ハローワーク東近江 東近江市八日市緑町11-19 TEL:0748-22-1020
ハローワーク甲賀 甲賀市水口町本町三丁目1-16 TEL:0748-62-0651
ハローワーク草津 草津市野村五丁目17-1 TEL:077-562-3720