詳細情報 − 沖山 圭子

沖山 圭子 氏名 沖山 圭子 / 教授
ふりがな おきやま けいこ
氏名(英) OKIYAMA, Keiko
取得学位 教育学士
メッセージ 患者さまと医師等医療職をつなぐ役割が医療秘書・医療事務員です。“目配り・気配り・心配り”で患者さまに寄り添う医療秘書・医療事務員はチーム医療の大切な一員です。高度化する医療現場で、確かな知識・技能とホスピタリティあふれる心で患者さまをサポートできる医療秘書・医療事務員を一緒にめざしましょう。
主な担当授業 医療保険事務Ⅰ~Ⅳ/医療秘書学/医療事務コンピュータ/医療関係法規/電子カルテ演習
研究テーマ 医療秘書教育、医療機関におけるホスピタリティ、e-ラーニング教育
経歴等
  • 1986年3月

    大阪教育大学卒業

  • 1986年4月

    株式会社エムケーシー 勤務(システムエンジニア)

  • 1989年7月

    医療法人弘生会大塚眼科 勤務

  • 2002年4月

    大阪女子短期大学 非常勤講師

  • 2010年4月

    大阪女子短期大学

  • 2017年4月

    滋賀短期大学 ビジネスコミュニケーション学科 教授
    現在に至る

代表的著書、論文等 『改訂 医療事務総論』『改訂 医療秘書実務』(共著)建帛社 2008
『病院事務のための医療事務総論/医療秘書実務』(共著) 建帛社 2017
「 医療機関の医療秘書・事務の実態調査から求められる人材像と養成機関の課題と方向性」大阪女子短期大学紀要第34号,2010
「e-Learningシステムを用いた医療事務志望学生への学習支援」大阪女子短大紀要第41号,2017 
所属学会 日本医療秘書学会
日本診療情報管理学会
日本医療秘書実務学会
公的活動等 日本医療福祉実務教育協会専門委員
全国医師会医療秘書学院連絡協議会運営委員

一覧ページへ