詳細情報 − 北尾 岳夫

北尾 岳夫 氏名 北尾 岳夫 / 教授
ふりがな きたお  たけお
氏名(英) KITAO, Takeo
取得学位 体育学修士
メッセージ 短大で出会う新しい友人や先生らと正面から向き合い、そして知識や経験を積み上げてください。2年間という限られた時間を大切に、かつ有効に使いながら、自分の夢に向かって滑り出すスタートバーを切りましょう。
主な担当授業 幼児体育II、スポーツ実技
研究テーマ 「キャンプ」「スキー」「ウエルネス」「スポーツビジョン」
経歴等
  • 1990年3月

    京都教育大学 教育学部 体育学科 卒業

  • 1992年3月

    筑波大学大学院 体育研究科 体育方法学専攻 修了

  • 1992年4月

    京都精華大学 他 非常勤講師

  • 2007年4月

    関西福祉大学社会福祉学部 講師

  • 2012年4月

    滋賀短期大学 幼児教育保育学科 准教授

  • 2017年4月

    滋賀短期大学 幼児教育保育学科 教授

  • 2020年4月

    滋賀短期大学 幼児教育保育学科 学科長
    現在に至る

代表的著書、論文等 『印象描画及び印象記述による幼児キャンプの実践(事後)評価』(共著)兵庫教育大学幼年教育講座紀要幼年児童教育研究17.33~46,2005年
『幼少期の運動遊び指導入門 元気っ子を育てる運動遊び』(共著)創文企画 2015年5月
『乳幼児の造形活動を対象とした運動学的分析Ⅰ-描画動作の数量化に関する方法論を中心に-』(共著)滋賀短期大学紀要第45号,2020年2月
『光と影を素材とした造形表現が幼児の身体動作に与える影響-3~5歳児への指導場面におけるエピソードを中心に-』(共著)奈良教育大学次世代教員育成センター研究紀要第6号,2020年3月
『身体的活動を基盤とした造形・音楽の融合的表現の意義Ⅰ-幼児期における感性の育みを意図した仮説構築を中心に-』(共著)滋賀短期大学紀要第46号,2021年3月
所属学会 日本体育学会/日本スキー学会/日本保育学会/スポーツビジョン研究会/日本ウエルネス学会
公的活動等 滋賀県スキー連盟常任理事(総務部長)
日本体育協会・全日本スキー連盟公認スキー指導員
全日本スキー連盟スキーC級検定員
全日本スキー連盟アルペンB級セッター
全日本スキー連盟計算委員(アルペン)

一覧ページへ