入試情報 2018.02.02

社会人から2年で栄養士に!!

栄養士資格を取りたい社会人の皆様
滋賀短期大学の生活学科食健康コース(栄養士養成)で学びませんか!

平成30年度生活学科食健康コースへの社会人入学者の場合、専門実践教育訓練給付金として最大112万円の学費支援と、基本手当日額の80%額の支援給付金が支給される場合があります。
申込は2月末までに最寄のハローワークで行ってください。(注)をご参照ください

※滋賀短期大学の生活学科食健康コース(栄養士養成)の入学定員は10名増員され、平成30年度入学生から45名となりました。




滋賀短期大学では、一般入試に加えて社会人特別入試を設けています。
なお、出願書類等につきましては入試ガイドをご参照ください。


 入試区分 一般入試Ⅱ期
社会人特別入試
出願期間
2月13日(火)~2月26日(月)平成29年11月6日(月)~平成30年2月28日(水)
試験日3月5日(月)3月5日(月)
合格発表日 3月9日(金)3月9日(金)
選抜内容学力検査・書類審査によって総合的に合否を判定します。
書類審査・小論文・面接によって総合的に合否を判定します。
小論文の課題・・・「志望理由について」(45分・600字以内)







(注)
滋賀短期大学の生活学科食健康コース(栄養士養成)は、平成30年4月から専門実践教育訓練給付の支給対象となります。
この「専門実践教育訓練給付」制度は職業に関する教育訓練として、社会人が厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講・修了した場合、ハローワークから給付金等(下記の①~③)が支給される制度です。
 
① 入学金、授業料、実習費用といった学費(施設整備費を除く。)の最大50%(年最大40万円)が支給されます。

② 栄養士資格を取得し栄養士として一定の要件を満たす就職の場合、学費の20%(最大32万円)が追加支給されます。 
(①+② → 2年間で最大112万円) 

1年目2年目卒業後
滋賀短大の学費
(施設設備費を含む。)
132万円112万円244万円
国からの給付金① 40万円① 40万円② 32万円112万円

③さらに、離職など入学時に一定の要件を満たす場合、訓練受講中の生活費支援として、基本手当日額の80%額の教育訓練支援給付金が支給されます。

 
※専門実践教育訓練給付制度の相談申し込みは受講開始日(入学)の1ヶ月前まで(2月中)に行う必要があります。
 詳しくは、最寄のハローワークにお尋ね下さい。