進路情報

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージをご覧ください。

滋賀短期大学へ進学した先輩

高校時代の思い出といえば、保育ボランティアに通ったこと。放課後に近くの保育園に行き、授業の保育実習とは違う雰囲気で子どもたちと関わります。子どもたちの年齢別の特徴や先生方の保育方法などたくさんのことを学ぶことができました。短大に進学した今も、できるだけリアルな現場で経験値を高める努力をしています。

龍谷大学へ進学した先輩

 

滋賀短はハツラツと明るい生徒ばかり。人見知りの僕でも、授業や行事などで同じ時間を過ごすうちにどんどん学校生活が楽しくなっていきました。先生方も教育熱心で、生徒の学力レベルに関係なく正面から真摯に向き合ってくださいます。変わりたい人、夢を見つけたい人は、ぜひ滋賀短へ。最高の3年間が送れるはずですよ。

滋賀県立大学へ進学した先輩

 

少人数で一緒に成長できるⅡ類は、まるで大きな家族のように温かく居心地の良い場所でした。高校生という多感な時期、先生の掛けられた言葉の一つひとつが胸に残り、今の私をつくっている気がします。また、生徒に対してこんなにも親身になってくれる先生はいないんだなと大学生になって改めて実感しているところです。将来の夢は看護師になること。数ある医療職の中でもっとも患者さんと接する機会が多いからこそ「この人にならどんな小さな不安も話せる」そう思われる人になりたいです。

大阪教育大学へ進学した先輩

 

文武両道へのサポートが他校にはないほど充実している滋賀短。バレー部のキャプテンとして大好きな部活に没頭し、全国大会に出場しながらも、熱心な先生方のおかげで受験対策も万全でした。そんな私の目標は、滋賀短の先生方のように丁寧で面白い授業ができる教員になること。大学の4年間で多くのことを吸収していきたいです。

京都教育大学へ進学した先輩

 

滋賀短の「考えるバスケ」に憧れて入学しました。高校時代はバスケに勉強、学校行事と何もかもが充実していて、あっという間の3年間でした。受験勉強は大変でしたが
そこは“先生力”の滋賀短。早朝や昼休み、放課後など試験前日まで面接練習や小論文などにつき合ってくださり、的確なアドバイスに自信をもって試験に臨むことができました。大学でも高校と同じく文武両道を実践しながら、体育教師をめざす立場として生徒のお手本となれるような人間性を培っていきたいです。

 

 

 

 

 

オープンスクール オープンスクール