学科・類型紹介

人間総合科

保育と衣食住を理論と実践から学び、豊かな暮らしを創造できる人材を育成します。

専門知識を実技(体験)を通して「生活の中で生かせる能力」に高めていきます。

「子どもと食文化」「ファッション造形」2年次より専門分野を選択します。

保育ボランティアを実施。県内の保育施設で保育職を体験。社会貢献できる人材を育成します。(希望者)

滋賀短期大学へは専願特別推薦制度を活用して進学できます。

『保育』と『衣・食・住』を積極的に学びたい!!
そんなあなたを応援するコースです。

  • 人間生活の基盤となる「衣・食・住」を理論と実践で学び、自らの生活を豊かにする能力を身につけると同時に、「保育」の体験的な学びを通じて幅広く社会に貢献できる人材を育成します。
  • 授業では、ものづくりの体験学習や製作実習に取り組みます。くらしに役立つものを工夫してつくることの楽しさや達成感を味わい、毎日のくらしを快適に、より自分らしく生きるための能力「生活する力」を身につけます。
  • 2年次からは、子どもと食文化コースかファッション造形コースのどちらかを選択します。子どもと食文化コースでは保育体験や調理実習などを交えながら保育と食生活を中心に学び、ファッション造形コースではファッションデザイン・被服製作など衣生活を中心に学習します。
  • 将来は、保育や食のスペシャリストや、教育、福祉、インテリア関係などを目指す幅広い進路選択が可能です。
    また、滋賀短期大学に優先的に進学できる「専願特別推薦制度」も設けています。 

進学指導体制

■ 人間総合科(平成30年度入学生より生活デザイン科(予定) ) 1年・2年・3年

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
基礎講座
基礎講座
発展講座
基礎講座
発展講座
基礎講座
発展講座
自主学習サポート

※基礎講座・発展講座は学年により曜日が異なります。

特徴

基礎講座 学習進度が遅れがちな生徒に対し、進学に必要な基礎的な学力をつけます。
発展講座 授業内容を深化させ、演習問題などで進学に対応できる学力をつけます。

1年次 共通履修

子どもの発達と保育やフードデザイン、ファッション造形基礎などを学習し、男女ともに生活的自立を目指します。また専門分野の基礎知識を身につけ、生活と産業のつながりについて学ぶことで、少しでも早く夢の実現に 近づくことを目標にしています。 

子どもと食文化コース[保育分野/食生活分野]

保育分野では、子どもの成長過程にある様々な課題を見直す中で健やかな成長のあり方を探求します。食生活分野では、食材の栽培から調理までのプロセスを一貫して学び、社会的にも注目を集めている食生活について 見直します。

ファッション造形コース[衣生活分野]

ライフスタイルとともに変化している服飾に関する基礎的知識と技術の習得を目指します。被服製作をとおして、デザインはもとより色彩や素材選びなどについて学びながら、流行を敏感に読み取る感性を磨き、豊かな表現力とセンスを身につけます。

カリキュラム[人間総合科(平成30年度入学生より生活デザイン科(予定) )]

カリキュラム[ 人間総合科 ]

人間総合科 / K.A. 3年

人間総合科 / K.A. 3年

子どもの気持ちに寄り添えるような病児保育士になりたい。

好きな家庭科と保育分野を学べることで、迷わずこの学校の人間総合科を選びました。授業は実習が多く、一歩ずつ将来の夢に近づいていることを実感しています。 卒業後は、滋賀短期大学の幼児教育保育学科への進学を考えています。そして将来は、子どもの気持ちに寄り添えるような病児保育士になりたいと思っています。

人間総合科 / K.A. 3年
オープンスクール オープンスクール